感情をコントロールする方法

感情をコントロールする方法

感情的な人っていますね。

って人ごとのように言う私も
以前はかなり感情的だったんですけどね。

たぶん、父親譲り・・・苦笑。

昨日は双子の誕生日だったので
バースデーケーキを買って
三人で実家に帰ったのですが、
玄関を開けるなり、父が荒れてました(涙

 

そうなんです。
うちの父、結構な感情人間でして
何かしら気に入らないことに焦点を向けて
イライラして腹を立てて
そして、いつも疲れ切っています。

ものごとが思い通りにいかないと
腹が立ってしまうのは
分からなくもないのですが・・・

 

自分の外にあることのせいで
自分が疲弊するだなんて、今の私は
あまり受けつけたくありません。

 

正直、父の様子を見ている側も
しんどくなります。

でも、これも同じことで
私にとっては、自分の外にあること。

 

だから、しんどくならないように
父の状態と向き合うことを選択しています。

 

そう、選択なんです。

「感情のコントロール」って言葉、
耳にすることもあると思うのですが・・・

感情が乱れたら、深呼吸するとか
時間を空けてみるとか、
「ありがとう」と心の中で言ってみるとか・・・

 

いろいろ言いますけど
その場しのぎでコントロールができたとしても
根本的に腑に落ちたわけではありません。

では、具体的にどうすればいいのか
ということですが。

私が常に意識して、実践して、そして
効果を実感しているのは「選択をする」ことです。

 

ちなみにステップはこうです。

 

  1. 自分の感情の変化に気づく
  2. その感情を生み出している理由・原因を特定する
  3. 自分は本当はどうしたいのか、何がほしいのかを明確にする
  4. 自分にとって適切と思える選択をする

 

ざっくりですね(笑

細かくお伝えすると長くなりそうなので
明日から各ステップ毎に、補足していきますね。

 

自分軸


PAGE TOP