「人生は旅」も、十人十色

こんばんは! 山下喜代己です。

アメブロからお引っ越し完了しました♪

 

 

そもそもブログを投稿するの

すっごく久しぶりです。手も心もぷるぷる震えます。

 

 

この間、何をしていたかというと・・・

自分軸を発掘する探す旅に出ていました。

 

なかなかの荒旅ですが

ほんの数ヶ月前とは劇的に変化している自分が

いることに、勇気を出して最初の一歩を踏み出したこと

ちゃんと褒めてあげなきゃって思います。

 

 

ちなみに「荒旅でしたが」、

ではなく「ですが」と書いた理由は、この旅、

まだまだ続いているからですね。

 

 

自分の周りにいる複数の人が

「人生は旅だ」といっています。

 

うん、納得できるメタファーだなって思います。

 

 

そして、例え方はまったく同じでも

もう少し深く、その本質を掘り下げて聴いてみると

その人それぞれに、その言葉に持たせている意味は

全然違うんですよね。

 

 

そもそも、「旅」の定義もひとそれぞれです。

 

私にとっての旅は

 

・高揚感

・未知の世界に踏み込む

・チャレンジ

・自由

・決断 等々・・・

 

そんな意味を伴うものです。

だから、このワクワクする荒旅は

これからもずーっと続くんですね~

 

 

 

ちなみに、人によっては、

例えば「出会い」とか「リセット」とか

「非日常」とか・・・

 

まだまだいろいろ「なるほど~」なイメージを

抱かれていることでしょうね。

 

 

ひとそれぞれ。

 

みんな違ってみんないい、そういうわけです。

 

 

自分がみんなと違っていて、それでいい。

 

そして、みんなが自分と違っていても、それでいい。

 

 

そういうことですね。

 

 

 

う~ん、久々にブログを書くと

思いつくままになっちゃって、

なんだか、話がいろんなところに飛びますね。反省!

 

 

明日からちゃんと整理して書くようにしますね。

いや、ウソかなっ

 

 

 

最後に金子みすゞさんの美しい詩で

きれいに締めくくることにしましょう(笑

 

 

今日も素敵な一日になりますように!

 

 

 

「 私と小鳥と鈴と 」
金子みすゞ

私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが
飛べる小鳥は私のやうに、
地面を速くは走れない。
私がからだをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のやうに
たくさんな唄は知らないよ。
鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい。

 

自分軸


PAGE TOP